In the RABBIT HOLE

楽しく生きていくため、徒然なるままに

素敵な靴を履いていたいのは、

泣きたくなって俯いた時に

ちょっと元気がでるように。

いつ素敵な靴が必要になるかわからないから、備えておかねば!