読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

In the RABBIT HOLE

楽しく生きていくため、徒然なるままに

疲れ果てて眠ると、深い深いところまで行っちゃって、海の底に沈み込んじゃう時がある。

二度と戻って来られないんじゃないかってぐらい深くて心地よくて、このまま溺れちゃうのも悪くないな、とか思しまう。必ず誰かが引っ張りあげてくれるんだけど、そんな快感を味わいたくて一生懸命働いてるのかもしれない。

必ず誰かが陸に戻してくれるという安心感が無いと、そこまで深くは潜れないのだけど。