読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

In the RABBIT HOLE

楽しく生きていくため、徒然なるままに

飲みまくれば、一瞬は全部忘れてハッピーになれる。醒めれば二日酔いだけど、それでもその一瞬のために頑張れるからそれでいい。一緒にのんで騒いで泣いてくれる人たちがいれば、安いお酒でも汚い居酒屋でもいいの。

立ち上がれないくらい、打ちのめされる日もある。このまま寝転がってれば全部終わるかなって考えるけど、結局そういうわけにもいかなくてよろよろ立ち上がってまた歩きだす。やだなー、無理だなーって思うけど、何となく歩き始めればまた前に進んでる。そう…

福島のいじめや差別の話を聞くと驚きの気持ちでいっぱいです。加害者側からすれば、ネタはなんでもいいのかもしれない。他の人と違うところを無理やり見つけてくる人種にとっては、太ってるとか、トロくさいとか、そういったことと同列に捉えているのかもし…

月曜日が嫌いだけど、月曜日が始まれば日曜日が見えてくる。日曜日の夜が終われば、新しい週がきて新しい週末を目指してがんばれる。だから、月曜の朝もがんばろう。

もりもり食べてもりもり働く月曜日

自分に自信がなくて、いつも自分を貶める本当は自分を守りたいだけ傷つきたくないから、最初に自分で大怪我しておくの

きらきら〜ほーら私の人生って輝いてるでしょ、素敵でしょ、羨ましいでしょみんなそう思って欲しいんでしょ私だって思って欲しいいつも毛布にくるまってぼりぼりおかし食べてるだけの働くひきこもり娘だけど、とっても楽しい私の人生他の人には見えなかもし…

もりもり食べてもりもり働くじゃないと生きてるって気がつかない

木曜日くらいから、週末のことを考えるとそわそわ。考えるだけで楽しくなってくる。毎週くるのにね。でも、いざ金曜日になるとこのまましばらく金曜日だったらいいのになと思う。クリスマスが楽しみだけどいつまでも来て欲しくないような、ずっとクリスマス…

思い出はキレイなままで、鍵つきの箱にしまって、ときどき奥の方から取り出して誇りを払って眺めたい。ひとりでにやにやして、またしまいこむ。それが形に残せたら、どんなに素晴らしいでしょうね。

誰か私のことホワイトチョコでべっちょべちょにしてくれないかなそれで蜂蜜の海にぽんって投捨ててくれればいいのにな蜂蜜の海に住むお魚が、「なんだこれ!」ってなって、突き回してるところを漁師に見つかって、陸に上がって乾かして、いい感じに甘い香り…

自分の幸運を忘れそうになる時がある私は恵まれている、それは間違いない。ほとんどの人が恵まれた存在だ。大変だし、辛いこと山積みだし、忘れそうになるけど、本当は恵まれている私たち。なんで忘れちゃうんだろう。もっと不幸な人がいるって意味じゃない…

立ち止まっちゃってもう前には進めない、と思ったらそれは軽やかに3回転ターンを決めるときです。進む?戻る?飛んでいく?という問題については、くるりとまわって右脚を左後ろに引いてスカートを軽く持ち上げて膝を軽く曲げて頭を低くしてから考えても遅く…

私は自分の身体を許すことにします。自分の顔も許します。理想とは違うかもしれないけど、四半世紀も生きていればすべて自分の責任だと思うから。悲しくなる夜もあるけどでも、朝にはまた自分を許せるようになる。美しくなるために努力し続けることも、女の…

通信技術が発達した世の中で、ほんの数時間すべての人との通信上の関わりが途切れただけで、私もしかしてひとりぼっち?という気持ちになる。それが寂しいわけでも、嫌なわけでもないけれど、しばらくの間誰からもスマホに連絡がないと電波に不調があるのか…

つらいことがあると、妄想で自分を励ます。今までの人生をずっとそうやって乗り越えてきた。現実世界が嫌な時は、妄想という毛布をかぶって自分を可愛がる。それでなんとか生きてこれた。でも、いつかはとことん自分のマイナスと向き合わなければいけない気…

神様なんかいない、と思うけど時には祈りたいし、何かに感謝したいだから、今日も世界平和を祈って1日の終わりに感謝する

1年でいちばん好きな月が終わる11月をもっと楽しみたかった来年こそは…!と、毎年思って終わるから、毎年11月がくるとわくわくするのかもね

昨日楽しかったら、今日も楽しい今日楽しかったら、明日も楽しい昨日つらいことがあっても、今日はつらくない今日つらいことがあっても、明日は絶対楽しいから

言い訳なんかしたくないのに、嘘と見栄と言い訳でべちょべちょになっていく。嘘も見栄も本当は嫌いなのに、がんじがらめで身動き取れない。すべてをやきはらって身軽になれば、新しい自分になれるかもしれない。必要なのはすべてを断ち切る力とありのままの…

トリートしてくれなくてもいいからトリックさせてね怖いけど怖くないちょっと薄気味悪いどきどき感

自分の笑い声で目が覚めた夢の中で楽しくて笑っちゃった何の夢だったか全く覚えてないけど、起きてからも楽しいあはは

傷つきたくないから、自分の空に閉じこもっていたいでも広い世界が好きいつも冒険したくてうずうずしてる...はっ!ヤドカリに生まれればよかった

嫌なことがあったとき、心のそこからぶわぁっとマイナスの風が沸き起こりそうになるけどそんな時はたらららったらー♪まえむき〜と、小さい声でつぶやけば万事解決そのまま風がふぁっとどこかへ行ってしまうよいや、ほんとに

素敵な靴を履いていたいのは、泣きたくなって俯いた時にちょっと元気がでるように。いつ素敵な靴が必要になるかわからないから、備えておかねば!

良いことはある日突然やってくる。(悪いこともだけど)できるだけ声に出して、まわりにも自分にも欲しいと思うものを、なりたいと思うものを、はっきり伝えておく。そうすると自分も、まわりもそれが当然のことなんじゃないかと思い始める。幸運が舞い込む秘…

インターネットがあれば、もう2度と誰もひとりぼっちになんてならなそうなのにね。蜘蛛の糸はすみずみまで張り巡らされていて、誰にも見つからない押入れの隅っこなんてもう存在してないように見えるのに。なんでまだこんなにひとりぼっちでいっぱいなんだろ…

おっぱいが重力に負けてぽろっと落っこちちゃう夢をみた。なんて恐ろしい。慌ててナイトブラなるものを買いました。ネットで検索したら色々でてきたけど、どれが良いのかよくわからないからこういう時はやっぱりワコールなんじゃないかと思ったけど、ワコー…

「ある日突然、王子様が現れるとでも思ってるの??」と、母に真顔で言われた。怖い。

そうだ、ルブタン買おう。レッドソールを履いてれば大人の女なんじゃないかという小娘的発想を捨てきれない。でも、もういいの。せめて脚元だけでも大人にならなくては!

朝、早く起きれたら一日が充実するだろうなって思う。ベッドでごろごろ本読んだり、お散歩したり、早朝から空いてるカフェでコーヒー飲んだり。でもだからと言って、夜早く寝るのはもったいない気がして眠れない。シンデレラタイムに眠っていないとお肌に良…

少なくとも今日は星をみようとするきっかけにはなるよね。正直なところ、2人の距離感が理想的です。

キキララのリュックに白タイツ、ピンクのフリフリシャツにピンクのチェックのプリーツスカート。長くて黒い髪をお人形みたいにくるくる巻いた大柄なおばさんと同じビルのなかで3回すれ違う。哀しいけど嬉しい。私はA4ファイルが入ってラップトップがすんなり…

夏が近づくと、夕方に何をしようか考えてそわそわする。夕涼みをしながらお茶を飲んだり、お散歩したり、夜のお出かけに備えて支度したり。朝も同じ。早起きして、本読んだり、ストレッチしたり、お茶飲んだり。日が長い、というのは朝と夕方が長いってこと…

何ヶ月も前から目があっては逸らし、忘れようとしているのに私の目の前に現れては心をかき乱す。そんな悪い恋に溺れる直前みたいになっていた靴をついに買ってしまった!(だってセールしてたから…もう諦めて買うしかなくて…笑)淡いパープルでつま先が銀色に…

喉が痛むのは、酒灼けとか歌いすぎとか喋舌りすぎとか泣き叫んだとかましてや風邪なんかとかではなく、マックロクロスケが喉に詰まっちゃった、とか寝ている間に宇宙人に隕石を喉に埋め込まれてしまった、とかある日突然音痴がなおってマリア・カラスみたい…

梅雨に入ると、髪はうねるしお肌はべたつくし電車は遅れるし野菜も靴も痛むしで、あぁ来ちゃったなーという感じは否めない。でも字面のせいかすごく嫌な感じはしない。梅の雨。語源は諸説あるけれど、「露(つゆ)」とか「梅の実が熟して潰(つ)ゆ」からとかを…

ワインボトルを一緒に空けてくれる人。昼間からシャンパンで乾杯してくれる人。夜中にサングリアでお喋りしてくれる人。ワインには詳しくないけど、そんな人たちがいてくれる幸せの味がする。例え途中から記憶があやふやでも笑い話にできるのもまた一興って…

春の生温い風が吹くと、何か良くないことが起こりそうでわくわくします。嵐と同じ。寒くなくて、暑くない。ちょうどいいけどぬるり、と何かに撫でられているようで気持ちわるくて心地いい。悪い予感につつまれて、見えない未来に心が躍る。やっと春が来た!

私って全然嘘つきじゃないの。貴方のための可愛い嘘もつけないの。こんなんじゃ全然オトナの女とは呼べないわ。ちょっとその辺で練習してくるね。

ティファニーの店内にいるみたいな気持ちにさせてくれる場所が、この現実の世界のどこかに見つかれば、もっともっと幸せになれるのに。 いつかきっとそんな素敵な場所が見つかると信じて、今はベージュのストライプの壁紙とティファニーブルーのクッションで…

あれはイヤこれもイヤあっちはもーっとイヤヤダヤダヤダヤダ全部嫌い!って、心の中では思ってるんだけどそんな自分がちっちゃい駄々っ子みたいで(まんまそうだけど)恥ずかしくなっちゃって、うん、今日もがんばろ。ってなる。大人ですから!

鼻がむずむずするのは花粉なんかではなく、そよそよ春風のせいだと思いたい。膨らむ蕾とか、艶々の苺とか、とまらないくしゃみとか、なんでもいいけどとにかくもう、春が待ちきれない。

本当は自分が大した人間でないことにはとっくの昔に気づいているのだけど心の何処かで子供のころの万能感的なものが残っていて頑張ればまだ何にでもなれるんじゃないかっていう気がしてしまう。宇宙飛行士とかお医者さんとか大学教授とかファッションデザイ…

女子がときめくワード集パンケーキキャラメルハニィシロップストロベリィべリィべリィメープルロイヤルミルクティー豆乳フォンデュマロンクリィムカフェめぐりロッキーロードブラウニィ苺(ストロベリィと同んなじだって?全然違うんですよ)リリィナッツディ…

社会人になってみると夕方にベランダに座ってぼんやり空を眺めることがどんなに恵まれたことか実感できる。いちばん良いのは夏。春も寒くなければ良い。秋は寒くてもココア飲むから良い。冬もまあ毛布でぬくぬくすれば良い。とにかくどんな季節でも平日の夕…

It's always darkest before the dawn空は、夜明け前がいちばん暗い振り払ってよもういらないでしょ?悪魔を背負ったままのあなたと踊るのは大変なのだから、振り払って天国を探していたら私の中にも悪魔を見つけたわだから、振り払って振り払って彼を振り落…

子供の頃はなんだかいっぱい重たい荷物を抱え込んでいて、上手く身動きが取れないし引っ張られたり振り回されたり苦しかった。 無邪気で無責任で自由奔放に暮らしていたはずなのに、小さな箱の中に閉じ込めらているような漠然とした不安が常にもがきたくなる…

何時間もぼーっと落書きしたり、考え事したりしちゃって、しまった!と思うこともあるんだけど、 いいの、こういう時間が未来の天才をつくるかもしれん と、考えるようにしてます。 未来って何歳よ?って感じね。 70歳くらいまでには何とか。

わりと最近までマンゴーラッシーのことをマンゴーラッキーだと本気で思ってた。みんながラッシーってゆうからとりあえずあわせてシーってゆってるど、本当はキーだよね?と思っていたしラッシーって表記もてっきりふざけてるかインド訛りのLuckyなのかと。【…